クレジットカードの有効期限の表記

インターネットショッピングでクレジットカードを使う時、有効期限の情報を入力する欄があります。そこにカードを見ながら情報を入力していると、昔、まだカードを持ったことがなかった学生の頃のちょっとした失敗を思い出します。

 

当時小売店でアルバイトをしていた私は、一度クレジットカード会社の方とカード決済の手続きで電話をしたことがありました。レジのトラブルでカード決済が使えなくなってしまったのですが、お客様の希望でカード決済を利用するためにカード会社に連絡をしたのです。その際にお客様のカードの有効期限を尋ねられたのですが、カードの見方が分からなかった私は、書いてある数字のままに伝えました。カードを持っている方なら誰でも知っていますが、カードの有効期限の表示は、月が先で年が後に書かれています。それを知らなかった為にそのまま伝えてしまったのですが、カード会社の方は慣れているのか冷静に訂正してくださって、きちんとカード決済をすることが出来ました。

 

後にも先にもカード決済を直接カード会社の方との間で手続きしたのはこの1回きりでしたが、ささやかながらとても勉強になりました。

クレジットカード持つべきか、持たざるべきか

クレジットカードはかなりの普及率だと思いますが、やはりメリットデメリットがあります。実際にクレジットカードがなくても生活はできるということもあり、持たないという選択肢もあります。

 

ではメリットはどういうところかというと現金を持ち歩かなくても買い物ができます。特に大金の場合は防犯上もクレジットカードのほうが安全といえます。盗難や不正使用があってもクレジットカードのほうが使用停止にしたり保障があったりします。海外でも両替なしでカードでダイレクトに支払いができるのもメリットといえます。その他ポイントや保険などもついていたりするのも魅力です。一方のデメリットは支払いの管理がわかりにくいという面があったり、ネットなどでも不正使用される可能性もあります。カードの利用履歴や信用情報によって別のローンの審査に影響が出たりします。

 

しかしデメリットは使い方を慎重にすれば防げることなのでやはりクレジットカードは現代社会においては持っておいたほうがいいというほうに軍配が上がるように思います。

KCカードを紹介します。

KCカードはKCカード株式会社が発行するプロパークレジットカードです。VISAカードといえば三井住友VISAカードが一番有名で代表的なカードなのですが、このKCカードもお得なポイントシステムを中心に、入会するメリットがたくさんあります。いくつか要点をかいつまんで紹介したいと思います。

 

メールアドレスを登録するだけで年会費無料

KCカードのWEBサイト「KCCard online」にメールアドレスを登録するだけで、2100円の年会費が無料になります。

 

お得なポイントシステム

KCカードでは「点でうれしいポイント」というポイントシステムがあります。これはクレジットカードの利用額に応じてポイントが加算されていくもので、とてもお得なポイント制度となっています。たまったポイントは1Pを1円としてお買い物に利用することができます。ポイントは2年間有効です。

 

それ以外にも、ポイントをKCギフトカードと交換したり、ANAマイレージと交換したり、ドコモやauのポイントと交換することもできます。もともと楽天カードだった関係で、楽天スーパーポイントとも交換できます。

 

新たにAmazonギフト券との交換もできるようになりましたので、「点でうれしいポイント」の使い道はとても多彩だといえます。
ちなみに日本ユニセフや国境なき医師団、日本盲導犬協会などの慈善団体や、FC岐阜(岐阜フットボールクラブ)に寄付することができます。KCカード株式会社はFC岐阜のオフィシャルスポンサーとなっています。

 

ボーナスポイントが

今なら入会すると1500ポイントがプレゼントされます。カードを利用すればさらに2400ポイントが加算されます。しかも家族カードも同時に入会すれば、さらに1000ポイントで、合計4900ポイントも手に入ります。1ポイントは1円相当で使えますから、これだけで5000円近くもお得になってしまうのです。

 

業界最高水準のポイント還元率

KCカードのポイント還元率は、なんと1.51%です。
まず200円利用するごとに1ポイント加算されます。お誕生月であれば、なんとポイントは2倍になります。
またポイントの一定数貯めることによって、ポーナスポイントが加算されます。

 

2000ポイント到達 → 1000ボーナスポイント
5000ポイント到達 → 2500ボーナスポイント
10000ポイント到達 → 5000ボーナスポイント
20000ポイント到達 → 10000ボーナスポイント
40000ポイント到達 → 25000ボーナスポイント

 

最大で43500ポイントものボーナスがつくのです。これがポイント還元率1.51%の秘密です。このボーナスポイントを受け取る方法は簡単です。
「KCCard online」「KC WEB明細サービス」「メール配信サービス」の3つにメールアドレスを登録するだけです。
たったこれだけで、こんなにお得なのですから、ぜひとも登録するようにしましょう。
年会費を無料にする条件とも重なっていますので、本当にお得なサービスだと思います。

 

 

二つのカードデザイン

KCカードには二つのデザインが用意されています。通常はシルバーですが、女性の方にはジャンパンピンクのおしゃれなデザインのカードをお届けします

 

海外旅行傷害保険自動付帯サービス

慣れない土地では、アクシデントもつきものです。
せっかくの海外旅行で、面倒に巻き込まれたときもKCカードなら安心です。緊急時は電話一本で日本人のスタッフが24時間年中無休でサポートしてくれます。

 

入院時や盗難、破産などの損害に対して一定の補償がしてもらえます。

 

さまざまなサービスを受けられる

KCカードが1枚あれば、電話料金や、携帯料金、電気料金までお支払いすることができます。

 

例えば、格安旅行のHISではKCカード限定のお得なプランを用意されていたり、バジェット・レンタカーで最大30%OFFになったりと、KCカードを持っているとお得なサービスを受けられます。

 

提携ATMも豊富

楽天カード株式会社に委託されていて、全国のATMで利用することができます。銀行、郵便局、コンビニと利用できるATMは豊富で使いやすいのがKCカードの特徴です。

 

特に九州が地盤の会社ですので、九州の銀行のカバー率は他のカードの追随を許しません。